ブログ

2020.07.08更新

2015年より当院院長として勤務開始し、早5年半が過ぎました。
このたび、豊中市少路に”乳幼児のみ”の発達発育中心のクリニックを開院することになりました。
2020年8月31日(月)をもちましてじきはらこどもクリニック院長職を辞し、9月からは夕診のみの非常勤勤務となる事をご報告させて頂きます。

新クリニックは10月1日よりオープンします。
じきはらこどもクリニックでの経験を活かし、発達や発育に関して、作業療法士、言語聴覚士、心理士、管理栄養士などの専門家の方々と共に、一歩進んだ育児サポートができる施設にしたいと考えております。
感染性疾患や予防接種など、通常の小児科で行う診療は、新クリニックでは基本的に行いませんので、ご注意ください。
新クリニックでは、年齢、疾患による制限があります。スキンケア外来などの受診を希望される方には、9月から予約システムをOPENしますので、8月中にご案内させて頂きます。

じきはらこどもクリニック変更事項:
① 湯川による午前の診察が無くなります。
② 10月より、じきはらこどもクリニックにおける作業療法の指導は中止させて頂きます。
じきはらこどもクリニックで、作業療法士さんの指導を受けられていた方々は、年齢を問わず、新クリニックでお引き受け可能です。ただし、単独指導の場合は別途費用が生じます。予約方法・料金に関しましては、作業療法士より9月中にご案内致します。
③ 心理士の面談に、変更はございません。従来通り、じきはらこどもクリニックにて継続致します。
④ 訪問診療は、新クリニックでも行います。0月以降も当院に勤務しておりますので、すぐに変える必要はありません。手続きなどが済み次第、順次ご案内致します。


その他の詳細は追ってこちらのブログでお知らせさせて頂きます。
次期院長に関しては、8月頭に発表を予定しております。

至らぬ点が多々あったかと思いますが、皆様のお蔭で大過なく勤めさせていただきましたこと深く感謝いたしております。
今までの経験を活かして、微力ながらこれからもここ北摂の小児医療に貢献出来ましたら、と思っております。
とは言いましても、急に居なくなったりはしませんので、夕診のみとはなりますが、ぜひ今後とも、じきはらこどもクリニックを、どうぞよろしくお願い申し上げます。
じきはらこどもクリニック 院長 湯川知秀

 

投稿者: 医療法人廣仁会

SEARCH

ARCHIVE