ブログ

2020.02.25更新

病院内での感染を防ぐため、院内滞在時間を減らす方向で対応しようと思います。

① 問診表を事前に記入していただく事を推奨
発熱の有無の確認、また事前検査の実施の判断のため、来院前に問診表をご記入いただく事を推奨します。該当児が来院された場合、隔離や車待機などの対応ができる事で不要な接触を防ぐ効果があると考えます。
院内で記入もできますが、その分滞在が長くなることが予想されるため、できる限りご家庭での記入をお願いします。HPからダウンロードもできますので、ご活用ください。

② 自宅で体温を測定し来院していただく事を推奨
発熱の有無が、来院の際重要になります。 今までも、患者様毎に体温計は消毒して使用していましたが、今回のコロナウイルスはまだ未知の部分も多いため、できる限りの感染防御に努めたいと考えます。そのため、不特定多数の患者様に触れるものではなく、ご自宅の体温計の使用を推奨したいと思います。
来院の際、発熱がある場合、事前にスタッフに声掛けをお願いします。
(予防接種の時間帯のみ、直前の体温測定は継続予定です)

③ 可能な限りマスク着用での来院を推奨
当院は産科併設のクリニックのため、ほかの小児科と比べるとマスクが着用できない0-3歳未満の来院が多い特徴があります。このため、できる限りマスクができる年齢のお子様にはマスク着用で来院いただけますよう、ご協力をお願いいたします。

④ 適切な来院時間の推奨
当院は現在「完全予約制」になっているため、来院していただく時間が患者様毎に異なっています。適切な時間に来院いただくことで、院内滞在時間が減り、不要な接触も避けることができるので、来院時間の調整(10分前には来院)もお願いいたします。

上記4点、感染拡大を防ぐため、ご協力お願いいたします。

じきはらこどもクリニック 職員一同

投稿者: 医療法人廣仁会

SEARCH

ARCHIVE