スタッフ紹介

理事長あいさつ

産婦人科に併設した小児科として、生後間もない赤ちゃんから安心して受診できるようこどもクリニックを開設しております。お子さま1人1人を大切に、楽しく抵抗なく受診できるクリニックを目指しています。

当院のロゴマークである「よつば」。ここには、母親・子ども・医師・スタッフの四者が一体となり子供達の未来を支えていく、というメッセージが込められています。

クリニックは、芸術学校の学生たちが手がけた、楽しくステキなアートでいっぱい。学生みずから構想を練り、子供達が安心して楽しく受診できるようにとの思いを込めて描いてくれました。
日頃ご心配のことや予防接種のことなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。

医療法人廣仁会 理事長 直原廣明(じきはらひろあき)

子どもの医療現場に若い学生が参画

地域に開かれる小児科の在り方・学生参画型アートプロジェクト

かつて地域の小児科といえば、「病気が治ればいい」ということで、白く冷たいイメージの町医者ばかりでした。近年、医療技術は飛躍的に進歩しましたが、病気の患部さえ治療すればいい、という考えがまだまだ多く、お子さまが抱える不安な気持ちにまで配慮した医療が十分とはいえないのが現状です。

そこで「子どもが安心して診療を受けられる小児科をつくりたい」という思いに共感していただいた開業支援プロデューサー・嶋田花織氏が呼びかけ、京都芸術デザイン専門学校の学生により、若い感性に基づいた、地域に開かれた小児科づくりをめざすアートプロジェクトが実現しました。

院長あいさつ

じきはらこどもクリニック院長の湯川 知秀(ゆかわ ともひで)と申します。
NICU(新生児集中治療室)の小さな赤ちゃんたちを見守り、その後の発達、成長をお母さん達と一緒に悩み、喜びながら、小児科医として12年近く診療を行ってきました。

病気の診断、治療はもちろんですが、当院のロゴマークである「よつば」の理念に基づき、親と子供たちのストレスや不安を少しでも軽くし、みんなが笑顔になれるよう、スタッフ一同で、皆様の子育てを精一杯応援させていただきます。
お子様の育児、健康相談、予防接種、病気についてのご相談など、お気軽にご来院下さい。

院長 湯川 知秀(ゆかわ ともひで)

よつばの理念

母親・子ども・医師・スタッフの四者が一体となり子供達の未来を支えていく

院長経歴

経歴 横浜市立大学医学部卒業(神奈川県)
横浜南共済病院 小児科(神奈川県)
横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター NICU(神奈川県)
飯塚病院NICU勤務、小児病棟勤務 兼任(福岡県)
所属学会 日本小児科学会
日本周産期・新生児学会
未熟児新生児学会

スタッフ紹介

ダミー