ブログ

2019.11.27更新

院長です。


インフルエンザが流行しはじめたようですね。

先週末の休日診療でも、10名以上の成人でインフルエンザ感染で受診されていました。小学生でも出始めているようです。時期的には流行もありえるので、注意が必要です。


さて、インフルエンザの治療についてのお話です。


従来のタミフル内服、リレンザ吸入(粉)、イナビル吸入(粉)、ゾフルーザ(錠)に加えて、今年からイナビルの吸入を吸入器で行うことができる薬剤が登場しました。


ただし、院内でしか出来ないような治療であること、処方してから院内に戻ってきてもらって、吸入を行う方法もありますが、保険診療的に判断が難しいため、当院では採用に至っておりません。自宅で吸入器の機械をお持ちの方は、処方する事が出来ます。もし、吸入器を持っておられない方で、イナビルの吸入を試してみたいという方は、他のクリニックの受診をお勧め致します。


また、ゾフルーザも12歳以下は耐性ウイルスを生じやすいとの提言が学会からも出るなど、処方をお勧めしにくくなりました。ただし、処方できない訳ではありませんので、保護者の方が十分理解されて、ご希望される場合には処方出来ますので、担当医師にお伝えください。


それぞれのメリットデメリットも記載しておきますので、以下をご参照ください。

●タミフル
メリット:確実に内服したかどうか確認できる。
デメリット:5日間1日2回内服しないといけない。粉が苦い。粉とカプセルしかない。

●イナビル吸入(粉):
メリット:1回で済む
デメリット:意外と苦い。咳込んだり失敗する可能性がある。その場合、再処方は出来ない。喘息の誘発の可能性がゼロじゃない。

●ゾフルーザ:
メリット:錠剤が飲める子には良い。1回で済む。ウイルスの減りは早いらしい。解熱までの時間がやや早い印象。
デメリット:耐性ウイルスの場合、効かない。吐き気が出る?

●リレンザ:
メリット:インフルエンザB型にやや効く印象?
デメリット:5日間吸入が必要。粉なので、咳込むことがある。喘息の誘発の可能性がゼロじゃない。

●イナビル吸入(液体):
メリット:本人の意志と関係なく、吸入できる。自宅に喘息で使用するジェット式の機械があれば、使用出来る。
デメリット:新薬なので、実績があまりない。専用の吸入器が必要。包括診療している小児科では、コスト面で院内での治療について採用が難しい。

もし、イナビル吸入(液体)をご希望される場合は、他のクリニックでの検査、治療をお勧め致します。

投稿者: 医療法人廣仁会

2019.11.01更新

院長です。

今日から、ついに全日時間予約始めました。

予約を取られた方々、いかがでしたでしょうか。

本日は人数がそこまで多くなかったこともあり、

ある程度時間通りに診療できたのではないかと思います。

 

私も朝から何回か予約を入れてみたりして、

ID入力のめんどくささとか、うーんと思うところもありますが、

概ね、考えていたとおりにできたかなと考えております。

 

が・・・非常にショックだったのですが、

予約頂いていたかたのうち、半数以上の方に

当日の朝、キャンセルを頂きました。

 

3日前から予約できるようにしたことで、

継続的に診ている患者さんにとって予約を取りやすくしたり、

予約の集中を避けようと3日前に設定させていただきましたが・・・

 

念のため、予約しておこう、という方々が多かったのかなと

推測しておりますが、本来、予約を取りたかった方々が

取れなかったのではないかとも思います。

 

これまでの予約の取れにくさから、起こったことかもしれません。

当院としても皆様にとってなるべく予約しやすい方法を

検討して参ります。

 

皆様にも、キャンセルされる場合、なるべく早めに(できれば前日中に)

キャンセルしていただくなど、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

宜しくお願い致します。

投稿者: 医療法人廣仁会

2019.10.14更新

院長です。

今月初めからご案内しておりました、11月からの予約方法に関連したお知らせです。

※お問い合わせが多かったため、最下部に補足事項を追記しています※

 

実は、私が院長になってから、ずっとスタッフとクリニックとしての方向性、よりよい予約システムについて、話し合い、案がでては、やめ、たくさんたくさん話し合って、今までの予約開始時間を採用しておりました。しかし、順番通りの診察が難しかったり、来院時間の重なりのため、多数の方を長時間お待たせしてしまうことが多々ありました。また、予約開始時間にアクセス集中のためサーバーダウンするなど、ご不便をおかけすることも多々ありました。申し訳ありません。今回の変更が、皆様にとって良い方向に行くことを期待しております。

 

再診患者さんについては、3日前の24時からの予約開始とさせていただくことに致しました。夜間の発熱など、当日予約の枠も少しですが確保し、当日朝6時からの予約開始とさせて頂きます。

 最初のうちは、混乱するかもしれませんが、スタッフ一同がんばりますので、ご協力の程、宜しくお願い致します。

 

まとめ:11月1日の予約分より

診察券をお持ちの方:3日前の24時から、各医師毎に予約。

10月28日24時再診予約スタート

 

急患、新規の患者さま:当日朝6時から、

午前診、夕診の予約両方とも開始

医師の指定はできません。

 

重要!

11月より診察に関して、電話、直接来院での予約は行いません。完全WEB予約と致します。ご協力お願い致します。

枠が空いておらず、急がれる場合は電話でご連絡下さい。状況によって適宜、他院様へご案内させて頂きます。枠が空いていない場合、直接来院されても、診察は直近の予約枠でのご案内となります。

 

予約方法が分からず、来院された場合、一緒に患者さんの携帯で予約取得の補助をさせて頂きますので、お声がけください。(お時間によっては少々お待ち頂くこともございます)。宜しくお願い申し上げます。

 

【補足説明】※2019.10.28追記

診療時間 9:00ー12:00 および 16:00ー18:00の間で、20分間隔にてご予約が可能です。

担当医師ごとの診察枠は、3日前から受付時間の最終20分前までご予約が可能です。

初診の患者さま および担当医師の枠が満員だった場合は、

当日の診察(朝6:00予約開始)よりご予約が可能です。

必ず受診するご本人の診察券番号にて予約してださい。

家族分にて取得いただいたご予約は無効となります。

クリニックへは、予約時間の10分前にお越し下さい。

【注意事項】

完全予約制になるため、直接ご来院頂きましても状況により診察が後日になる事もございます。

基本的にご予約頂いた時間での診察になります。きょうだいで予約時間が別々になった場合は、それぞれの予約時間でのご案内・診察になります。

予約時間に遅れそうな場合は、必ずお知らせください。連絡なく20分以上遅れた場合、無断キャンセルとなります。

当日の診察よりご予約頂く場合、担当医師の希望を受けることが出来ません。

予約をキャンセルする際は、webまたはお電話にてキャンセルの手続きを行って下さい。

flower2担当医師一覧表flower2

投稿者: 医療法人廣仁会

2019.09.30更新

院長の湯川です。

 

今後の予定をお知らせいたします。

 

9月中旬より夕診の予約方法を時間予約へ変更させて頂きました。

 

順番予約では、実際の診察時間の予測がわかりにくく、受付スタッフからもお伝えしにくい状況でした。受付まで何回も問い合わせ頂いたり、車での待機時間が長くなってしまったり、ご迷惑をおかけしてしまっておりました。

 

時間予約になってから、夕診の診察では、皆様のご協力もあって、ほぼ時間通りで行えており、比較的スムーズにスタートできたかと考えております。そこで、11月より、午前の診療も時間予約に変更いたします。

 

大変申し訳ありませんが、変更にあたって、どうしても予約が取りづらかったりなどの不具合が生じてしまったり、ご希望の時間が埋まってしまっていたり、ご迷惑をおかけしてしまっている方々もおられるとは思います。

 

予約開始時間を早めることで解決出来る部分がないかと考えており、同じく11月から予約開始時間を変更したいと思います。

 

予約開始時間の変更に関しては、改めて2週間後にお知らせいたします。

 

宜しくお願い申し上げます。

投稿者: 医療法人廣仁会

2019.09.04更新

院長です。

 

この数年、ずっと考えていたのですが、今回、夕診の予約方法を、順番予約から、時間予約に変更してみたいと思います。なるべく、時間通りに診察が進むように工夫して参りますが、急患などどうしようもないこともあるため、遅れる可能性もあることをご了承ください。なるべく、メールなどで、遅れ情報を出して行ければと思います。

 

来週、13日の夕診から、予約方法を時間予約に変更致します。宜しくお願い致します。

 

院長

 

【補足説明】※2019.9.10追記

午後診療の予約受付は、今まで通り当日の15:00開始です。

診療時間16:00ー18:00の間で、20分間隔にてご予約が可能です。

湯川院長・河瀬医師それぞれの予約枠を設定しております、予約の際はDrを選択して下さい。

クリニックへは、予約時間の10分前にお越し下さい。

【注意事項】

基本的にご予約頂いた時間での診察になります、きょうだいで予約時間が別々になってしまう場合はご連絡下さい。

予約時間に遅れそうな場合は、必ずお知らせください。連絡なく20分以上遅れた場合、無断キャンセルとなります。

web予約が取れなかった場合など、直接来院頂いた際は担当Drの希望を受けることが出来ません

予約をキャンセルする際は、webまたはお電話にてキャンセルの手続きを行って下さい。

 

 

 

投稿者: 医療法人廣仁会

2019.07.31更新

ようやく暑くなってきましたね。今年は天気のせいか、梅雨もあけたというのに風邪がかなり流行っています。

8月には風邪も一段落してくれるとよいのですが・・・

 

さて、本題にあるように、月曜午前の診察についてです。

 

一般の感冒などの診療については、吉原先生と北野先生にお任せして、

経過など、予約の患者さんのみをお引き受けする時間にさせていただこうと思います。

ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

院長

投稿者: 医療法人廣仁会

2018.07.18更新

院長です。

待望!の、作業療法士さんと連携出来ることになりました!

 

小児専門でやってこられた作業療法士さんです。ちょっとした発達の遅れを、疑い段階から、単なる心配含めて色々相談に乗って頂けると思います。

 

当院での治療ではありません。そのため保険はききませんので、作業療法士さんにかかるに当たって、費用がかかります。詳細は受診時におたずね下さい。(電話でのお問合せは対応しておりません。)

 

作業療法士さんからのメッセージ

 作業療法(Occupational Therapy:OT)では、発達が気になる子どもたちに対し、それぞれの発達に必要な課題を評価し、遊びを通して、生活動作の自立に向けた援助を行なっていきます。

 

 ・運動の発達が遅れている

 ・動作がぎこちない

 ・手先が不器用

 ・スプーンや箸、ハサミをうまく使えない

 ・着替えが1人でできない。時間がかかる

 ・落ち着きがない

 ・しっかり座れない

 

なにかあれば、院長までご相談ください。(月水金土の診療中)

投稿者: 医療法人廣仁会

2018.06.02更新

院長です。

 

4月に行かせていただいた学会の報告をしようしようと思いつつ、遅くなってしまいました。

 

気になった報告を2つピックアップしました。

 

亜鉛不足と、ヘビに噛まれたら!です。

 

まずは亜鉛について。

食事の偏りで亜鉛不足がありうること。

低身長の児のなかで、ホルモン療法が効かず、亜鉛補充で伸びるケース報告があり、補充:薬があるが、牛肉、卵、牡蠣なんかに多く含まれる。

豆、穀物にも含有されるが、主に皮にフィチンが入っており、吸収を阻害するため、取り過ぎはだめ。

 

とのことでした。意外とあるんじゃないかなと思います。肉類が嫌いだったり、アレルギーを気にして卵を除去されてる方は要注意ですね。

また、身長が伸び悩んでいる場合には、食事に取り入れてみても良いと思います。

 

蛇について ヤマカガシ咬傷

ヤマカガシ毒素によって、DIC(簡単に言うと、固める因子を大量消費し、血が固まらなくなる重症な状態)になることがある。血清があると助かる可能性が高くなるが、どの蛇にかまれたか、が重要となる。かまれた場合、可能であれば、蛇の写真を撮るなどすると良い。捕獲は容易な場合のみ。

とのことでした。古巣の飯塚病院からの症例報告 で、冷やかし半分見に行きましたが、山もありますし、この辺りでもあり得ることだなと感じました。救急などで見慣れている先生方にはなんでもないことかもしれませんが、都会では滅多にみません。こういう報告は再度勉強し直す機会にもなってよいですね。

投稿者: 医療法人廣仁会

2018.03.04更新

院長です。

皆様にお願いがあります。

 

現在、火曜日の夕診は、小池先生に一般診療をお願いして、在宅の訪問診療に行っています。

 

 

大きな病気をしたり、最初からNICUに入院して長いこと頑張ってきた子供達が家に帰るに当たって、人工呼吸器や、胃ろう、経鼻酸素など、たくさんの医療機器が必要であり、そうそう病院に通うこともできないため、訪問診療が必要になってきます。

 

 

 

が、北摂で小児の訪問診療を専門にしているクリニックはなく、依頼は増える一方です。

 

 

普通のクリニックでは時間の制約や、収益減少につながるので、通常の医院ではやらないところを直原先生のご厚意でさせていただいています。

 

ありがとうございます。

 

 

が、更に依頼が増え限界となったため、4月以降、診療体制を少し変えさせてください。(詳細は別途)

来て下さっている方々にはご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

湯川

投稿者: 医療法人廣仁会

2018.03.04更新

院長です。

 

先週、急遽お休みさせていただくことが続き、皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

3ヶ月の長女が入院することになり、ばたばたしてしまっていました。

今は落ち着いてきているので、もう大丈夫だとは思います。

 

入院というのは本当に大変ですね。

一番大変なのは病気の子供なんですが、やはり付き添うお母さんたちも大変ですよね。

 

今回、子供が初めて入院するぐらいの病気だったので、色々考えさせられました。

子供達がつらい様子でいると、親もつらいし、楽にしてあげたいと思う気持ちはよくわかります。

 

最近、風邪は風邪薬を飲んでも治らないからと、薬を出したがらない風潮があります。抗菌薬は確かに必要無い場面が多々ありますが、他の風邪薬で害にもなりにくいものは、あってもよいと思っています。

 

風邪薬の効果って、風邪が治る、治らない、のではなくて、いかに楽にしてあげられるか、ということだと思うのです。

 

また、ペリアクチンやコデインなど古くから使ってきた薬で悪い面がわかってきたからと言って、まったくださない!というのも偏りが過ぎる気がします。副作用のない薬なんてありません。

 

太るから砂糖は食べないように!と言っているようなイメージです。物事、ほどほどがよいですよね。

 

あれ、話が入院と関係なくなってしまいました・・・

 

湯川

 

投稿者: 医療法人廣仁会

前へ