ブログ

2018.06.02更新

院長です。

 

4月に行かせていただいた学会の報告をしようしようと思いつつ、遅くなってしまいました。

 

気になった報告を2つピックアップしました。

 

亜鉛不足と、ヘビに噛まれたら!です。

 

まずは亜鉛について。

食事の偏りで亜鉛不足がありうること。

低身長の児のなかで、ホルモン療法が効かず、亜鉛補充で伸びるケース報告があり、補充:薬があるが、牛肉、卵、牡蠣なんかに多く含まれる。

豆、穀物にも含有されるが、主に皮にフィチンが入っており、吸収を阻害するため、取り過ぎはだめ。

 

とのことでした。意外とあるんじゃないかなと思います。肉類が嫌いだったり、アレルギーを気にして卵を除去されてる方は要注意ですね。

また、身長が伸び悩んでいる場合には、食事に取り入れてみても良いと思います。

 

蛇について ヤマカガシ咬傷

ヤマカガシ毒素によって、DIC(簡単に言うと、固める因子を大量消費し、血が固まらなくなる重症な状態)になることがある。血清があると助かる可能性が高くなるが、どの蛇にかまれたか、が重要となる。かまれた場合、可能であれば、蛇の写真を撮るなどすると良い。捕獲は容易な場合のみ。

とのことでした。古巣の飯塚病院からの症例報告 で、冷やかし半分見に行きましたが、山もありますし、この辺りでもあり得ることだなと感じました。救急などで見慣れている先生方にはなんでもないことかもしれませんが、都会では滅多にみません。こういう報告は再度勉強し直す機会にもなってよいですね。

投稿者: 医療法人廣仁会

SEARCH