ブログ

2018.03.04更新

院長です。

 

先週、急遽お休みさせていただくことが続き、皆様にはご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。

3ヶ月の長女が入院することになり、ばたばたしてしまっていました。

今は落ち着いてきているので、もう大丈夫だとは思います。

 

入院というのは本当に大変ですね。

一番大変なのは病気の子供なんですが、やはり付き添うお母さんたちも大変ですよね。

 

今回、子供が初めて入院するぐらいの病気だったので、色々考えさせられました。

子供達がつらい様子でいると、親もつらいし、楽にしてあげたいと思う気持ちはよくわかります。

 

最近、風邪は風邪薬を飲んでも治らないからと、薬を出したがらない風潮があります。抗菌薬は確かに必要無い場面が多々ありますが、他の風邪薬で害にもなりにくいものは、あってもよいと思っています。

 

風邪薬の効果って、風邪が治る、治らない、のではなくて、いかに楽にしてあげられるか、ということだと思うのです。

 

また、ペリアクチンやコデインなど古くから使ってきた薬で悪い面がわかってきたからと言って、まったくださない!というのも偏りが過ぎる気がします。副作用のない薬なんてありません。

 

太るから砂糖は食べないように!と言っているようなイメージです。物事、ほどほどがよいですよね。

 

あれ、話が入院と関係なくなってしまいました・・・

 

湯川

 

投稿者: 医療法人廣仁会