ブログ

2017.09.04更新

院長です。赤ちゃん用ビタミンDサプリについて、ちょっとご紹介します。

外来小児科学会でも発表が多く、小児科医のみなさんが注目しているようです。

 

新生児を中心に診ていると以前より頭蓋癆(ずがいろう)という病気が増えていることを感じます。

また、後期健診ぐらいで身長が伸び悩んでいるお子さんをよく見かけます。

 

もちろんホルモンの病気なども可能性がありますが、まずは、栄養素の問題が大きいでしょう。

骨を作るためのビタミンDが圧倒的に不足していそうな方を見かけます。

蛋白、鉄なども必要ですが、これはレバー、赤身の肉を食べればある程度大丈夫です。

ビタミンDは日光浴をしたり、魚を食べたりですが・・・十分摂取するのがなかなか難しいですね。

お母さん達自身も日焼けをしないため、ビタミンDが不足気味です。生まれた時点で既にビタミンDが不足しているお子さんが多く、その上、完全母乳だと更に足りなくなる可能性が高いのです。お母さん含めてサプリでのビタミンD摂取を心がけたほうがよいでしょう。

 

母乳育児の方の半数ぐらいは不足していると言われているので、かなりお勧めのサプリです。

アレルギーなどに気兼ねなく使えて、生後1ヶ月から使えるので便利です。

詳細については当院スタッフにおたずねください。

投稿者: 医療法人廣仁会