ブログ

2015.11.07更新

院長です。

最近、アレルギーの検査希望でいらっしゃる方が、ちらほらいらっしゃったので、この内容について触れてみたいと思います。

ちなみに、アレルギーに関しては、一般小児科医のレベルで、アレルギー専門というわけではありませんので、ご了承下さい。

ただ、一般小児科医のレベルでも、アトピー性皮膚炎のガイドラインを読んだり、講習会などに参加して基本は抑えているつもりです。

そんな一般小児科医として、一言。

最も一般的な検査である、IgEを調べる血液検査は、必ずしも
正確ではありません!IgEが高くたってへっちゃらな人もいれば、IgEが陰性でも症状が出てしまう人もいます。

それでも、症状もないのに血液検査を行い、それを根拠に除去するような医師が多いように思います。(ガイドラインにもあるのですが、
プロバビリティカーブという確率算出方法もあるため、これを用いて説明してくれる先生は信頼できます)

今、一番正確とされているのは、負荷試験です。つまり食べてみないことにはわからないんです。他の検査はあくまで参考程度です。

ただ、どうしても外来の短い時間で対応する以上、確信が無くても状況に応じて、ある程度の期間の除去を指示することはありますし、アレルギー専門医であれば、恐らく深い所まで考えての指示とは思いますので、一般小児科医がどうこう言うことではありません。

というわけで、血液検査(IgE検査)については、希望での検査は、よっぽどでないと、院長としてはあまりしたくありません。採血は子供が痛い思いをしますし。

もし、初めて食べるのが怖い、と言う方は、症状は2時間以内に出ることが多いので、朝9時前に食べさせて10-11時に診察にいらしてください。(9時すぎにネットで順番予約を取っておくことをお勧めします。)風邪をひいていたり体調が悪い時はチャレンジしないようにしてください。連休などがなければ、火曜の午前中が比較的空いています。

それでもやっぱり採血をして判断して欲しい、と言う方はきちんとしたアレルギー科への受診をお勧め致します。紹介も出来ますので、おたずねください。

投稿者: 医療法人廣仁会