ブログ

2015.04.04更新

こんにちは、院長です。

うちの子だけ

布団かぶって寝ないらしい。

保育園のお昼寝タイムにみんな布団かぶって寝ているのに、かぶらないらしい。


そこで調べてみました。

〇フー知〇袋でみてみたら、すごい数の質問が出てきました。

うん、他の人もおなじか、じゃぁまぁいいか(笑)

患者さんに聞かれたら、そういうわけにもいかないから、考えてみました。

共通点が一つ。
それは服の着すぎと布団の掛けすぎ。これが全部とは言わないけれど、お母さんたち、みんな冷え症気味だったり、寒がりが多い。まぁ冷えは女性にとって大敵なので、これは正しい。でも、こどもの体温に対して、母の基準で着せてしまうと大概が着せすぎです。

こども達は眠くなると、手足や顔が温かくなってきてじっとり汗をかきますよね。あれは汗をかいて、身体の中の熱を逃がして、体温を下げようとしているのです。深部体温を下げることによって深い眠りに入ります。それなのに毛布を掛けようとしたり、あったかくしてやろうとするのは、こどもにとってはありがた迷惑な話になってしまいます。

というわけで、服は湿気を閉じ込めない、通気性がよく、軽く、手足からの放熱を妨げない、お腹を冷やさない程度に。ナイロン毛布など湿気を閉じ込めてしまうものは避けて、通気の良い軽い毛布などがお勧めです。手足が毛布から出ていても全く問題なし。気になるときは室温と湿度を少し上げてあげましょう。

つまり、服は綿のパジャマ(絹も可)。掛け布団はウール、カシミアなどの毛布がお勧めです。パイル生地などのタオルケットでもよいでしょう。

投稿者: 医療法人廣仁会

SEARCH