ブログ

2016.08.27更新

     院長です。

かなりさぼっていましたが、お尻を 叩かれたので、また頑張ってみたいと思います。

さて、いよいよB型肝炎の定期接種が10月から開始になりますね。

当院では今までビームゲンというワクチンを接種していましたが、実はもう一つ、ヘプタバックスというワクチンもあります。

10月から当院でもヘプタバックスを導入することにしたので、二つの違いについて、少し解説しておきたいと思います。
   

元々当院で接種しているビームゲンは、特徴として、

アジア株のB型肝炎ウイルス(ジェノタイプC)から作成。
古くからある。もともと国産。

となっています。



ヘプタバックスの特徴として、

ヨーロッパ株のB型肝炎ウイルス(ジェノタイプA)から作成。
海外のワクチンと互換性があることがわかっている。元々は外国製。

となっています。



日本は今までジェノタイプCの感染者が多くみられていました。

しかし近年欧米に多いジェノタイプAの感染者が日本でも増加していると報告されています。


どちらを選べばよいか?という疑問に関しては、

基本的には厚生労働省が二つのワクチンに効果の違いはない、ということで認可していますので、どちらでもかまわないとおもいます。

将来的にヨーロッパやアメリカに出張、留学などを考えていらっしゃるのであれば、互換性のあるヘプタバックスのほうがお勧めかもしれません。

逆にアジアに行かれる予定がある方は、ビームゲンでもよいのかもしれません。

当院のスタンスとしては、どちらでも効果に違いはないと捉えています。


あくまで参考として、ビームゲンにはチメロサールが含まれていますが、含まれている水銀の量は、本マグロ一切れにに比べれば1/5以下と全く問題になりません。

ちなみに水銀の量としては、マグロなどの他に、ブリ、サバ、カツオ、マダイなどにも結構な量が含まれており、チメロサールは判断根拠になりません。
 ので、  

投稿者: 医療法人廣仁会

2016.08.26更新



平成28年9月5日(月曜日) 11時より『大阪880万人訓練』が実施されます。
それに伴い、当院でも訓練を実施させていただきます。
11時に南海トラフ巨大地震が起こる想定で訓練が実施されます。

スタッフが案内いたしますので、案内に従って地震の揺れから身を守る訓練をしましょう。
患者様はスタッフの指示・誘導に従って下さい。
ご参加・ご協力をよろしくお願いします。


<当日の簡単な流れ>

午前11時:地震発生(スタッフより案内があります)

午前11時03分頃:大津波警報発表
(訓練用のエリアメール/緊急速報メールが届きます。※緊急地震速報のブザー音ではありません。)
→スタッフの誘導に従い避難訓練


詳しくは、大阪府のリーフレットをご覧下さい


追記
9月5日、本日は滞りなく訓練を行うことができました。
皆様のご協力に感謝いたします、ありがとうございました。

投稿者: 医療法人廣仁会

2016.08.26更新

平成28年10月1日(土)より、B型肝炎ワクチンの定期接種が始まります。
対象年齢等は下記のとおりです。

ワクチンの種類
 B型肝炎ワクチン(ビームゲンまたはヘプタバックスⅡ)
対象年齢
 平成28年4月1日以降に生まれた、2ヶ月~1歳のお誕生日前日までの間
接種回数と間隔
 1回目から4週間以上あけて2回目、1回目から20週間以上あけて3回目を接種

※当院ではビームゲンとヘプタバックスⅡを用意しております。
お申し出がない限り、当日までに用意が出来たワクチンにて接種させて頂きますので
ご要望がある場合は必ず事前(予約時)にお知らせ下さい。
(2・3回目の接種は、初回接種時と同じ種類のワクチンにて接種予定です)

※1歳のお誕生日を過ぎてしまうと公費対象外になります。
また、3回目の接種は1回目から20週間以上の接種間隔が必要となりますので
スケジュールを確認の上、お誕生日までに接種がおわるようご注意下さい。
(4月1日生まれの場合、11月11日までに初回接種をして頂かないと3回目が公費対象外になります)

※B型肝炎ワクチンの定期接種化に伴い、任意接種(自費)での接種金額を見直しいたします。
年明けを目途に金額の改定を行いますので、予め御了承下さい。(改定後の金額は現在調整中です)

詳しくは豊中市発行のお知らせをご確認下さい   1枚目2枚目

投稿者: 医療法人廣仁会